なぜ正しいお手入れが必要なのか

メガネは毎日使うものだからいつもきれいに使いたいですね。

でもメガネというのは、顔にかけていて、日々使うもので気づかないうちに意外と汚れが付着していきます。特に埃・花粉・皮脂・化粧品などの汚れが目立ちますね。

それを取り除こうと間違った方法でお手入れを行うとレンズに傷がついて逆効果になってしまいます。
だからこそレンズの特性にあったお手入れをしてあげましょう。

誤ったお手入れ方法

水洗いは大丈夫です。
でも実はお湯での洗浄はNGです。レンズは熱に弱いものだからです。

から拭きもNGです。ついつい洋服やタオルでゴシゴシとしてしまうと、拭いたときはきれいでもほこりが付いたまま拭くので細かい傷をレンズに付けてしまいます。

正しいメガネケアとは

まず水洗いをしましょう。
一部を除き多くのプラスティックレンズには撥水コートが装備されているため、水をはじいて汚れと一緒に流れてくれます。撥水コートのおかげでその後のふき取りも簡単です。

お化粧汚れや油汚れで水洗いしてもとれない場合はメガネクリーナーやメガネシャンプー、お家にあるもので代用できるのが台所用中性洗剤で軽くもみ洗いし水洗いしてください。
(アルカリ洗剤や酸性洗剤はNGです。)

外出先では

外出先で水洗いできない場合はウエットティシューや濡れティシュークリーナーを活用してください。

水洗いした後はやわらかいティシュー等で軽く押し拭きで水気をきりメガネクロス等で仕上げましょう。ただし、フレームの素材には気を付けてくださいね。

クリーニングのアフターフォローも

毎日使うメガネだからこそ手の届かないところにも汚れがついてしまい、長期にわたると蓄積していってしまいます。

長くお使いいただくためにも定期的なメンテナンスをお勧めします。当店ではアフターフォローでクリーニングをしています。どうぞご利用ください。